FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

こんな工夫も しております

ミニスライディングチューブを長期間使用していると、スコープ表面にガタがきてしまいます。 避けられない事象ですが、できるだけスコープを長持ちさせる工夫をいたしましょう。
 ミニチューブの先端がスコ-プに当たる部の劣化が起こるため、市販のビニールテープを巻いて補強・予防しています。さらに劣化し、スコ-プ外装に段差が付くようになると、内蔵されている鉗子孔や送気送水や吸引のチューブがつぶれて、送気送水吸引が弱くなる事態も生じるようです。もちろん体内には挿入されない部で、症例毎に張りかえ、スコ-プを洗浄しております。 
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新記事

内視鏡

最新コメント

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。